読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草場外見聞録!!


場外で、しかも一人で、馬券を買うのは、実に三十数年振りである。
当然、マークシートなど知らん!
前日、仕事で一緒に行けなくなった弟に、ひと通り、レクチャーを受けたが、二人とも浴びるほどビールを飲んでいたので・・・最後は・・「マークシートに書いてある!」で終わってしもうた。

んなもんだから、当日、駅前のダイソーに駆け込み、老眼鏡と更に細かい字に対応すべく虫めがねを購入・・・
いざ、、浅草へ・・・!!


第五レースのパドック映像が流れる頃に、場外到着。
先ずは、レース予想より、マークシート攻略である。
場外3Fの壁にもたれ、各種のマークシートを老眼鏡並びに虫めがねで、解読しておると、
斜め前方のオジイの声が・・・

「クアァ~、2と6で決まりのところ、8が差しよった!!」
そう叫ぶと、オジイは、ガックリ、肩を落とした。
横にいた、オジイの連れであろうと思われる、オジイBが「2ー6、買ってたのか?」と同情一杯の声を掛けると・・・
「イヤ、俺は、7、」とキッパリ!!

ナンノコッチャ!!
でも、いいな。こういうオジイのいる浅草・・・昔と変わらん。


マークシートにも慣れ、何レースか購入し、外へ・・・
お目当ての、ビールとモツの煮込みなぞ、つついておると、
後ろのテーブルから、また別のオジイの声・・・

「あのレースは、固いと思ったからよ~~!つぎ込んじまった。あ~ぁ!」
すると、これも連れであろうと思われる、オジイCが、同情一杯の声で、
「いったい、いくら、つぎ込んだのよ。」
「ん~ん」オジイは、苦渋の表情で(たぶん)

「200円。」

ビールを吹き出しそうになった。

いいな、いいな、昔から浅草は、こういうオジイのたまり場である。
新橋や後楽園では、お目に掛かれない!
浅草、サイコーーー!!である。

馬券結果は、本命サイドが、コツンコツンで、チビっとマイナスであったが、大満足の一日であった!!


追伸、、NHKマイルの陰で、記し忘れてしもうたが、
新潟大賞典
芦毛マイネルフロストから入り、久々に、芦毛の恩返しをいただいた!!


また、週末、会いましょう。